+ご注意ください+

  • 垢ハックや不正ページへのリンク防止の為、サイトの紹介文のみや無関係と思われるコメントはお断りしております。また、発見次第削除させて頂きます。

+プロフィール+

  • ◆HN・PN
    祇園沙羅 (ぎおんさら)
    曜 (よう)
  • ◆RO
    ベルダンディ鯖在住
    アクビとチャンプがメインです
  • ◆中の人
    まったりゆったり夜型人間
    浅く広いヲタクでぃす

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

言の葉。

2010年12月 1日 (水)

暦(月)の名称と意味<太陰暦>

あっという間に12月に入ってしまいましたね~。
今年も年の瀬って事で、一年の月の名称等をちらっとな♪

-----

本来の陰暦は現在の陽暦と1ヶ月程ずれているのですが、
とりあえずその辺は考えずに名称と意味だけでw

※諸説俗説ありますので、有名といわれている由来を主に書いています

●一月・・・睦月・・・むつき

新年を親しい人たちと睦み合う事から。

●二月・・・如月・・・きさらぎ

少し暖かくなると同時にうすら寒さを感じて更に衣を着る
という事から「衣更着(きさらぎ)」。他にも諸説あり、
田に鋤を入れ始める時期なので「鋤凌(すきさらぎ)」から等。

●三月・・・弥生・・・やよい

草木がますます生い茂るという言う意味の「弥生(いやおい)」
が言い易く変化したもの。

●四月・・・卯月・・・うづき

卯の花(ウツギ・ユキノシタ科)が咲く月なので。

●五月・・・皐月・・・さつき

苗を植える「早苗月(さなえつき)」が変化したもの。
梅雨の始まる時期なので「五月雨(さみだれ)」の月という説も。
本来の五月晴れは梅雨の合間の晴の日を指します。

●六月・・・水無月・・・みなづき

梅雨が明け水不足が懸念され始める時期なので。

●七月・・・文月・・・ふみつきorふみづき

七夕の行事(以前の記事を参照してくださいw)で短冊に
短歌などを書く事から「文被月(ふみひらきづき)」。

●八月・・・葉月・・・はつきorはづき

木の葉が紅葉し落ち始める時期「葉落(はおち)月」より。

●九月・・・長月・・・ながつき

すぐ日が落ちて夜の時間が長くなる「夜長月(よなが)月」。
他に、雨が多くなるので「長雨月」からとの説も。

●十月・・・神無月・・・かんなづき

諸国八百万の神々が出雲に集まり不在になる月。
出雲では逆に「神在月(かみありづき)」。

●十一月・・・霜月・・・しもつき

霜が降り一段と寒さが増す時期なので。

●十二月・・・師走・・・しわす

師(僧侶)が年の瀬の読経の為に走り回り忙しくなる月。

-----

2010年10月27日 (水)

童謡・民謡の歌詞

昨日『日本の四季はどこいった』と書いて、
ふと四季の歌を思い出しました。

小中学生の頃に習った童謡などはその時は意味不明
だったりもしますが、大人になって歌詞を読み返してみると
深いもの・良いものが多いですね~

『四季の歌』 『紅葉』 『朧月夜』 『浜辺の歌』
が特に頭に残っている歌です。
折角なので歌詞を集めてみました♪
<
続きを読む> からどうぞ~

並べてみて思ったのですが、どうも私は
情景描写が好きなようです@w@

続きを読む "童謡・民謡の歌詞" »

2010年7月 7日 (水)

七夕(たなばた)

五節句のひとつだし、こないだの春の七草みたく書いて行こう!
聞きかじりですがご容赦をw
※本やサイトによって若干ニュアンスが違ったりしますので私が見たものを元にしてます。

日本で知られている超簡単なイメージは
『引き離された彦星と織姫が年に一度だけ会うことのできる日』
だと思います。ロマンチックだと思いがちだけど・・・

この彦星(わし座のアルタイル)と織姫(こと座のベガ)は
夫婦になる前はお互いまじめな働きものでした。
が、夫婦生活に夢中になるあまり仕事をしなくなり、とうとう
天帝の怒りを買って引き離されてしまうのです。
悲恋というか自業自得というか(ぁ

そうそう、ニュースになってたと思いますが職業は
彦星=牛飼い  織姫=機織り(しかも天帝の娘説も) ですヨw

日本では奈良時代に主に宮中で行事化し、中国から伝わった
「牽牛星と女星の伝説(↑)」と手芸・芸能の上達を祈願する
「乞巧奠(きつこうでん)」がMIXされたと考えられてるそうな。

宮中では『しちせき』呼ばれていたのが『たなばた』という呼び方に
なったのには諸説あるそうですが、
・織姫の仕事「棚機つ女(たなばたつめ)」から
・農村地域にあった豊作祈願の「種播祭(たなばたまつり)」から
の2つが有力との事。昔の漢字は難しい@△@

現代の短冊を吊るすような七夕祭の形になったのは江戸時代で、
五節供のひとつとなった頃からと言われています。
笹を正月の門松のように神が降臨する依代のようなものとして考え、
傍には果物などのお供えを置き、笹の間に五色の糸をかけ、
二星に願いをかければ叶うと信じられていました。

短冊などに書いてたのは学芸上達を祈った自作の句や古歌です。
こちらは将軍家の七夕の風習が庶民に広まった時に、願いの糸
(五色の糸)と混同され短冊に書くようになったのだとか。
短冊の飾りつけも、しめ縄から垂れてる白い紙が大元だそうです。
神事とかに使われてるあれですね。

<おまけ>wikiペディアより・・・「この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。
催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

内容はどうあれ、星など無機物に物語を見れる人はすごい!
神話とかもすきー♪

2010年1月 7日 (木)

春の七種(七草)

『芹なづな 御行はくべら仏座 すずなすずしろ これぞ七種』
(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、
すずしろ、これぞ、ななくさ)

七草と聞いて一番に浮かぶのはこの歌ですよね。
ちょっと細かく書いてみようと思います!

現代では七草というと、1月7日の人日の節句に以下の七種類を
おかゆにいれて食べ、その年の邪気を払い、健康を祈るという
縁起担ぎ・厄払いの習慣です。
実は御節料理で疲れた(食べ過ぎた)胃を休めるという
別の意味もあったりしますw

せり ・・・セリ
なずな ・・・ナズナ(ぺんぺん草)
ごぎょう ・・・オオハコグサ、
はこべら ・・・ハコベ
ほとけのざ ・・・コオニタビラコ
すずな ・・・カブ
すずしろ ・・・ダイコン

全てを入れなくとも、数種類入れれば良いという地域もあります。
でも今はスーパーでパックで売ってるから集めるのが楽♪

また、この七種粥(七草粥)とは別に、1月15日の小正月でも
七種粥(餅粥・望粥)を食べる習慣もあり、これは穀物。
実はこっちの方が歴史が古いそうです。
でも上の七草が普及しすぎて、実践してる人はいないんじゃないかな?

 ・・・コメ
 ・・・アワ
 ・・・キビ
 ・・・ヒエ
みの(くさかんむりに皇)・・・ムツオレグサ
胡麻
小豆

********

ちなみに、秋の七種(七草)は観賞用の七種類であって
何かの節句や行事に使うということはありません。
もしかしたらまた秋にでもちょっとつっこんで書くかも?

********

あ~芹ご飯たべたいなー@x@

2007年8月16日 (木)

石言葉・宝石言葉

*宝石・石自体が持つ言葉で、パワーストーンとしての効果ではありません*

アイオライト  ・・・初めての愛
アクアマリン  ・・・聡明、平和を呼ぶ
アジェライト  ・・・秘密の愛
アパタイト  ・・・欺く、惑わす
アメジスト  ・・・真実、高貴、誠実、心の平和
アレキサンドライト  ・・・秘めた想い
アンバー  ・・・長寿、家族の繁栄、誰よりも優しく
エメラルド  ・・・幸運、幸福、清廉
オニキス  ・・・成功、雄弁
オパール  ・・・希望、安楽、忍耐
ガーネット  ・・・真実、忠実、友愛、勝利
カーネリアン  ・・・希望に満ちて
キャッツアイ  ・・・恋愛、心変わり
クリスタル  ・・・純粋
コーラル  ・・・聡明、幸福、長寿
サファイア  ・・・慈愛、誠実、徳望
シトリン  ・・・夢の成就、夢を追って
ジェイド  ・・・幸運
ジルコン  ・・・私だけを見つめて
ターコイズ  ・・・成功、旅の安全
ダイアモンド  ・・・清廉無垢、不滅、変わらぬ愛、恋の勇気
タイガーアイ  ・・・決断力
タンザナイト  ・・・空想
トパーズ  ・・・希望・友情
トルマリン ・・・素直な心
パール  ・・・健康、富、長寿、清らか
プラチナ  ・・・強い絆
ブラックオニキス  ・・・輝くあなた
ブラッドストーン  ・・・勇敢
プレナイト ・・・健康美
ペリドット  ・・・希望、友愛、夫婦の幸福・和合、信じる心
マカライト  ・・・繁栄、再会、恋の成就
ムーンストーン  ・・・愛の予感、純粋な愛
ラピスラズリ  ・・・真実・高貴・永遠の誓い
ルビー  ・・・情熱、勇気、自由、威厳、仁愛

宝石・鉱石の名称 (和ー洋)


紅水晶 (あかすいしょう)=薔薇石英  ・・・・・・ローズクォーツ
アダム石 (あだむいし)  ・・・・・・・・・・・・・・・・アダマイト
黄玉 (おうぎょく、こうぎょく)  ・・・・・・・・・・・・・トパーズ


霞石 (かすみせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イレーオライト
カンラン石 (かんらんせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペリドット
黄水晶 (きすいしょう)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シトリン
銀星石 (ぎんせいせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワーベライト
孔雀石 (くじゃくいし)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マカライト
黒水晶 (くろすいしょう)   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・モーリオン
月長石 (げっちょうせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ムーンストーン
血星石 (けっせいせき、ちぼしいし)=血石・血珊瑚  ・・・・・ブラッドストーン
紅玉 (こうぎょく)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ルビー
紅玉髄 (こうぎょくずい)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カーネリアン
琥珀 (こはく)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アンバー
魚眼石 (ぎょがんせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アポフィライト
金剛石 (こんごうせき)=夜光石  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダイヤモンド


砂金石 (さきんせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・アヴェンチェリン
柘榴石 (ざくろいし)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ガーネット
珊瑚 (さんご)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コーラル
白水晶 (しろすいしょう)=水晶  ・・・・・・・・クリスタル
真珠 (しんじゅ)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パール
翠玉 (すいぎょく)=緑玉・緑柱石  ・・・・・・エメラルド
水晶 (すいしょう)=白水晶  ・・・・・・・・・・・クリスタル
青玉 (せいぎょく)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・サファイア
雪花石膏 (せっかせっこう)  ・・・・・・・・・・・アラベスタ


蛋白石 (たんぱくせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オパール
血石 (ちいし、けっせき)=血珊瑚・血星石  ・・・・・・ブラッドストーン
血珊瑚 (ちさんご)=血石・血星石  ・・・・・・・・・・・・ブラッドストーン
茶水晶 (ちゃすいしょう)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スモーキークォーツ
天河石 (てんがせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アマゾナイド
電気石 (でんきいし)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トルマリン
トルコ石 (とるこせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ターコイズ


猫眼石 (ねこめせき) ・・・・・・・・・・・・キャッツアイ


薔薇輝石 (ばらきせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・ロードナイト
薔薇石英 (ばらせきえい)=紅水晶  ・・・・・・ローズクォーツ
翡翠 (ひすい)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ジェード
氷長石 (ひょうちょうせき)  ・・・・・・・・・・・・・アデュレリア
葡萄石 (ぶどういし)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・プレーナイト
碧玉 (へきぎょく)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ジャスパー
蛍石 (ほたるいし)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・フローライト


紫水晶 (むらさきすいしょう)  ・・・・・・アメジスト・アメシスト
瑪瑙 (めのう)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・アゲート


夜光石 (やこうせき) =金剛石  ・・・・・・ダイヤモンド


藍玉 (らんぎょく)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アクアマリン
緑玉 (りょくぎょく) =翠玉・緑柱石  ・・・・・・・・・・エメラルド
緑柱石 (りょくちゅうせき) =翠玉・緑玉  ・・・・・・エメラルド
燐灰石 (りんかいせき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アパタイト
瑠璃・琉璃 (るり)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ラピスラズリ

その他のカテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

+勝手におすすめ+

+お仲間のブログ+