+ご注意ください+

  • 垢ハックや不正ページへのリンク防止の為、サイトの紹介文のみや無関係と思われるコメントはお断りしております。また、発見次第削除させて頂きます。

+プロフィール+

  • ◆HN・PN
    祇園沙羅 (ぎおんさら)
    曜 (よう)
  • ◆RO
    ベルダンディ鯖在住
    アクビとチャンプがメインです
  • ◆中の人
    まったりゆったり夜型人間
    浅く広いヲタクでぃす

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

鬼怒川温泉

7月23日に彼氏さんと休みを合わせて、一泊二日で
鬼怒川温泉に連れて行ってもらいました♪

廃プリ+αの合算ご褒美も含めて豪華になりました@w@b

渓流の見える和室で部屋食!もうめっちゃ美味かった!
リピートしちゃいそう・・・w

レポは写真で長くなりすぎるので≪続きを読む≫からどぞ~

マイミクさんから見るとみくしー日記と変わり映えしませんが^^;

続きを読む "鬼怒川温泉" »

2010年7月21日 (水)

しまったあああああああああああっっ

林原さんの新CD発売日だったのにぃぃぃいいいい∑

アニメイト寄るの忘れてたあああああぁぁあああ∑

あぅあぅ ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

明日・・・明日無事に寄れるか?

なんかあった気がする。覚えてないケド。
なんかあった気がものすごくする!!うわーん!!

2010年7月17日 (土)

年かのぅ・・・

カラオケオールしてきました~

金曜だから疲れが残ってたのか年なのか両方なのか

途中眠くて眠くてしかたなかった><

でも最後まで歌ったよ♪

ボカロ系はノド潰れますね、息つぎきついし=x=
元歌が機械だもんねw

2010年7月15日 (木)

久々のカラーリング>w<

美容室行ってきました~
カットはこないだしたので今日はカラーだけw

前回と同じレッド×オレンジ系の色で、1段階だけ明るく!
パッと見はモカっぽく見えます(*v*)

光に当たらなくても判るくらいになりましたぜbb

そういえば浴衣は前の日記に載せた青色菊模様のやつを
GETしました!お祭りお祭り~♪

2010年7月13日 (火)

[RO]3次職妄想シミュ

3次職の外見シミュレーション☆

Photo

↑修羅。やっぱ赤一択かなぁ@w@
斜め角度はおなかぽっこり。てか谷間なくね??

Photo_2
↑アクビ。赤の方が好みだけど魔眼には青?
でも黒もちょっといいな~と思ってみたり。

Photo_3
↑レンジャー。赤カッコイイよ赤!船長と合うw
でも緑も狼と一緒だったら可愛いと思うんだ

ハンターに至ってはまだ転生すらしてませんが^^;
妄想するのは自由だーー!!

そうそう、諸々の計算式が変わり、スリッパハッケイ1確狩り
が出来なくなってしまいました・・・(号泣)

どうやって上げるべ。
指弾だと詠唱が遅いんだよな~かといって素殴りは無理だし。
ハッケイで氷タイタンすすめられたけどどうなんだろー?

2010年7月11日 (日)

浅草某所より☆東京スカイツリー

Photo

Photo_2

ぼやけててすみません;;

携帯電話のカメラ機能がいくら向上しても
やっぱ撮る人の腕次第なんですよねー =▽= ;

こないだ東京タワーをこして、現在400M手前くらい?
あと200M以上伸びるんだよ~

2010年7月 7日 (水)

七夕(たなばた)

五節句のひとつだし、こないだの春の七草みたく書いて行こう!
聞きかじりですがご容赦をw
※本やサイトによって若干ニュアンスが違ったりしますので私が見たものを元にしてます。

日本で知られている超簡単なイメージは
『引き離された彦星と織姫が年に一度だけ会うことのできる日』
だと思います。ロマンチックだと思いがちだけど・・・

この彦星(わし座のアルタイル)と織姫(こと座のベガ)は
夫婦になる前はお互いまじめな働きものでした。
が、夫婦生活に夢中になるあまり仕事をしなくなり、とうとう
天帝の怒りを買って引き離されてしまうのです。
悲恋というか自業自得というか(ぁ

そうそう、ニュースになってたと思いますが職業は
彦星=牛飼い  織姫=機織り(しかも天帝の娘説も) ですヨw

日本では奈良時代に主に宮中で行事化し、中国から伝わった
「牽牛星と女星の伝説(↑)」と手芸・芸能の上達を祈願する
「乞巧奠(きつこうでん)」がMIXされたと考えられてるそうな。

宮中では『しちせき』呼ばれていたのが『たなばた』という呼び方に
なったのには諸説あるそうですが、
・織姫の仕事「棚機つ女(たなばたつめ)」から
・農村地域にあった豊作祈願の「種播祭(たなばたまつり)」から
の2つが有力との事。昔の漢字は難しい@△@

現代の短冊を吊るすような七夕祭の形になったのは江戸時代で、
五節供のひとつとなった頃からと言われています。
笹を正月の門松のように神が降臨する依代のようなものとして考え、
傍には果物などのお供えを置き、笹の間に五色の糸をかけ、
二星に願いをかければ叶うと信じられていました。

短冊などに書いてたのは学芸上達を祈った自作の句や古歌です。
こちらは将軍家の七夕の風習が庶民に広まった時に、願いの糸
(五色の糸)と混同され短冊に書くようになったのだとか。
短冊の飾りつけも、しめ縄から垂れてる白い紙が大元だそうです。
神事とかに使われてるあれですね。

<おまけ>wikiペディアより・・・「この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。
催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

内容はどうあれ、星など無機物に物語を見れる人はすごい!
神話とかもすきー♪

2010年7月 5日 (月)

『イケダン』という言葉があるらしい

主婦向け雑誌の造語で「イケてるダンナ」の略だそうな

曰く、
 ・ 仕事をバリバリとこなしながらも家族を大切にする
 ・ 休日には家族サービス
 ・ 奥さんを手助けすることに躊躇しない
 ・ 外見もイケてる
 ・ ファッションも手を抜かない
全てに完璧な旦那様=紹介しても恥ずかしくない旦那様

だそうです@x@(↑情報紙に書いてあったほぼそのまま)

そんな旦那様を持つと奥様もイロイロ求められそう&
完璧で当たり前って見られそうで大変だね☆ミ

ってかちょっと昔の「ご都合君」とか「ファッション彼氏」を
彷彿とさせるのは何故だろう・・・

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

+勝手におすすめ+

+お仲間のブログ+